タマホームの坪単価は?【30坪、35坪/坪数別の総額もご紹介!】

タマホームの家の坪単価はいくら? 坪単価意外に、どんな費用が発生するの? ほかのハウスメーカーより安くなりますか?

ハウスメーカーの坪単価って、公式HPには載っていないので、よくわかりませんよね。そして、実際にいくらで建つのかもわかりにくい……。

このページでは、以下のことを解説しています

  • タマホームの坪単価
  • タマホームの坪単価推移
  • タマホームで30坪、35坪の家を建てたときの総額

当サイトの調査によれば、タマホームの坪単価は約50万円です。

総額はいくらになるのかや、坪単価には何が含まれているかなど、詳しく解説していきます。

目次

実例で解説! タマホームで建てると、総額いくらになる?

ブログやSNSなどでタマホームの見積りを公開されている方がいらっしゃいますので、まとめました。

2022年時点で、坪単価は約40万です。そこから、付帯工事や申請費、オプション料金がかかります。本体価格から追加で700~800万くらいすると、大体の概算がわかります。

時期2022年2022年?2020年
坪数37坪45坪36坪
坪単価41万40万37万
本体価格1521万1822万1337万
付帯工事121万121万121万
オプション350万237万132万
申請費・設計費・地盤調査費など157万121万78万
総額2364万2532万1836万
浄化槽あり
ゆうやめこやけのタマホームで家建てブログタマホームでこおどりハウスローコストの家づくりや日常のこと

【2024年最新】タマホームの坪単価

商品によっても違いますが、2024年のタマホームの坪単価は約50万円だと考えられます。

上記でご紹介したタマホームの坪単価や総額は、2022年のものが多いです。

ところが、この2~3年で建築価格は約1.2倍にまで膨れ上がっています。理由はウッドショックや円安です。タマホームだけでなく、どこのハウスメーカーも値上げラッシュです。

こちらの図は、タマホームの庭訓販売価格の推移です。

引用元:タマホーム公式サイトIR

坪単価も、ほぼ同じ割合か、それ以上に上昇していると考えてよいでしょう。2022年時点の坪単価が41万なので、2024年時点での坪単価は、49.2万円。つまり、約50万円です。

円安が落ち着けば、安くなりますか?

残念ながら、円安が落ち着いても、安くなる可能性は低いです。ハウスメーカー各社の坪単価は、この10年上がり続けています。もちろん、安くなる可能性はゼロではありませんが、基本的には、待てば待つほど価格は高くなると考えたほうがよいでしょう。

タマホームの坪単価に含まれるものと含まれないもの

上記の表のとおり、坪単価に含まれるのは、本体費用のみです。含まれないものは、以下のとおりです。

  • 付帯工事費用
  • 申請・設計などの諸費用
  • オプション

付帯工事は、水道やガスの引き込み費用など。オプションは、標準仕様では足りない部分をグレードアップするための費用です。土地によっては、地盤を補強しなければならない場合もありますので、その費用もここに含まれます。また、施主の希望で窓の断熱性能を高めたり、食洗器を導入したり、内装をおしゃれにしたりするための費用もこちらに含まれます。

オプション金額自体は調整可能ですが、地盤の補強をしなければならないケースなどもあり、オプションを完全にゼロにするのは難しいかもしれません。

タマホームの坪単価から、総額を計算する方法

タマホームで家を建てた先輩方の見積もりを見てみると、本体価格から約700万くらい高くなることが多いようです。ですから、ざっくりとではありますが、以下のような計算式で総額を予想することができます。

坪単価(約50万)×坪数+750万=家を建てる目安価格

タマホームで30坪の家を建てる場合、50×35+750=2500万円が目安です。この金額には、付帯工事や申請費用と、平均的なオプション費用が含まれます。

ただし、地盤が安定しておらず、擁壁を作る必要があったり、浄化槽を作る必要がある場合には、さらに費用がかかりますよ。また、外構費や地盤改良費などは含まれません。

外構工事(庭や門柱)の費用は、土地の広さによりますが、シンプルに作る場合でも、30坪で200万円くらいは見込んでおきましょう。

タマホームの坪単価まとめ

タマホームの坪単価についてまとめました。数年前まで坪単価40万円で建てることができていたタマホームですが、現在は坪単価50万円まで上昇しています。

また、2024年現在、タマホームで30坪の平均的な家を作る場合の大まかな予算は、約2500万円です。

もちろん、選ぶ商品や、お住まいの地域、土地の形状などによっても価格は変わります。より正確に知りたいという方は、タマホームで見積りをもらうようにしてくださいね。

坪単価50万円でも、他の大手ハウスメーカーと比べて魅力的な価格であることは間違いありませんが、狭小地で3階建てを建てるのであれば、タマホームよりもオープンハウスのほうが安く建てられる可能性が高いです。合わせて検討してみてもよいかもしれません。

しっかり勉強してハウスメーカーを選ぼう

PR

「タマホームで最大限の値引きを引き出したい方」、「自分たちにフィットするハウスメーカーを知りたい方」は、しっかりとハウスメーカーを比較検討したほうがよいです。

家を建てたいけど、どこのハウスメーカーがいいのかわからない!

工務店やハウスメーカーを探し始めると、どの会社も「うちで建てる家は暖かくて、地震に強くて、デザインの自由度も十分です」と語ります。

しかし実際には、「暖かい」にもかなり幅があるし、「地震に強い」「自由度が高い」にもかなり幅があります。

むこうも商売なので、「いいこと」しか言わないのは当たり前

だから、家を建てるあなたが、しっかりと勉強して、自分にぴったりのハウスメーカーを見つけなければいけません。

わたしたちは、計6社から間取りと見積もりをとりました。1社目より2社目、2社目より3社目。比べれば比べるほど、知識がついて、自分たちにとって、何が大切なのかがわかりました。6社目でようやく、ぴったりだと思える建築会社を見つけることができました。けど、正直時間もかかりましたし、少し遠回りしたかなと思います。

アンケートによれば、2~3社から見積もりをもらい、ハウスメーカーを決めている方が多いです。でもその2~3社は、どうやって見つければよいでしょう? 最初は資料請求でたくさんの会社を見て、そこから2~3社に絞り込めば、たくさんの中から自分にぴったりのハウスメーカーが見つけやすいです。

一括資料請求のなかには、間取りまで用意してくれるものもありますよ。下のコラムでは、各社の資料請求を比較しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次