3階建ての間取り解説② 3階に子供部屋2つ

こんにちは! 今日は、3階建ての間取り例と、その暮らしぶりをご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのは、3階に子供部屋が2つ+1階お風呂の、もっともオーソドックスで、人気がある間取り。3階に2部屋あると、こんな感じの間取りになります。

3階に3部屋の間取り
  • 3階に子供部屋2つ
  • 1階に主寝室
  • 2階にリビング
  • 1階にビルトインガレージ
  • 1階にお風呂
  • トイレは1階と2階or1階と3階
目次

3階に2部屋 間取りの解説

3階に子供部屋2つ

3階建ての場合、多くの方が子供部屋を3階に設置します。というのも、こんな希望が多いから。

子供が帰宅したときに、顔を合わせたい

1階を子供部屋にすると、子供が帰ってきても顔を合わせないままになってしまいます

1階には、お風呂やトイレも設置することが多いです。1階に子供部屋を設置してしまうと、その気になれば、家族と一切顔を合わせずに暮らせます。

もちろん、1F子供部屋だからといって、家族のコミュニケーションがなくなるわけではありません。お子さんも、自然にリビングまで上がってくることが多いと思います。

ちなみに、お借りしてきたサンプル間取りは、3Fに主寝室+子供室になっています。お子さんが1人の場合や、1階が夫婦の寝室としては手狭の場合、このような選択も可能です。

1Fにサービスルーム

1Fに設けられた主寝室は、採光が難しいことが多いです。そのため、かなりの割合で、1Fの部屋は「ベッドルーム」ではなく「サービスルーム」となります

そりゃあ、いつか売りに出す可能性を考えると、「ベッドルーム」のほうがいいです。けれども、立地の都合上、難しい場合にはしかたありません。

都内3階建てエリアの「サービスルーム」や「納戸」は、居室として作られたものがかなりあります。

2階リビング

2階リビングは、3階建てでもっとも人気のあるリビングの位置です。

1階だと、光が入らず暗いですし、玄関のスペースも必要なため、リビングが狭くなってしまいます。
3階だと、玄関から遠く、不便です。また、1階からは遠くなってしまいますので、家族が集まりにくくなります。

そのため、2階リビングを選択する人が多いです。

キッチンの配置では、ペニンシュラタイプの対面キッチンが定番です。横並びダイニングを実現するだけのスペースは取れないことが多いです。

トイレは1F+2F or 1F+3F

トイレは、家族の暮らし方によって、1Fと2F、または1Fと3Fのことが多いです。

2Fトイレ:一番長い時間を過ごすリビングから近くて便利
3Fトイレ:夜中のトイレも階段の上り下りがなく安全

それぞれのメリットがありますので、家族の暮らし方によって選ぶと良いですね。

間取りの注意点

1Fに洗濯機を置く場合、洗濯物を干す場所をイメージしておくと安心です。

乾燥機で乾かすのであれば、洗濯機はおふろの近くが便利ですね。

一方、洗濯物はベランダで干したい人は、要注意。濡れた洗濯物をベランダのある2Fや3Fに持っていくのは重労働です。そんなときには、洗濯機のみ2Fや3Fに移動してしまってもいいですね

脱いだ洋服は、各自で洗濯機まで持ってきてもらいましょう。

リビングの一角に洗濯機がある間取りに住んだことがありますが、問題ありませんでした。ドアやロールスクリーンで隠すのが鉄則。

まとめ

生活のイメージがわきましたか? 今回紹介した3階に2部屋の間取りは、狭小3階建てでもっともポピュラーな間取りです。暮らしやすく、万人受けすると言えます

もちろん、3階建ての間取りはこれだけではありません! 間取りで悩んだら、まずは、たくさん間取り図を見て、暮らしをイメージすることが大切です。

これを繰り返すことで、自分がどんな暮らしをしたいのかが明確になり、自分たちにぴったりの間取りがわかります

そうは言っても、3階建ての間取りは、平屋や2階建てと比べて、情報が少ないです。たくさんの間取りを比較検討したい方は、一括間取りサービスなどを活用してもいいですね。ブログやインスタなどを見ていると、「タウンライフ家づくり」を利用する人が多いようです。

間取りを集めると、リビングを広々取るプランや、2階に水回りを集中させた家事楽プラン、住宅密集地でも明るく景観を楽しめる3階リビングプランなど、意外にもたくさんの選択肢があることに気がつきます。

我が家は、吹き抜けを採用しました!

このブログでも、3階建ての暮らしがイメージできるように、たくさんの記事を公開しています。

また、3階建ての場合、選んだ土地によって、建てられるものに大幅な制限がかかることがあります。土地探し中の方は、事前に知っておくと安心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

広告

目次