3階建てのハウスメーカー選び③住友不動産

こんにちは! 今回も、前回に引き続き、これまで見てきたハウスメーカーをご紹介します。

第3回となる今回は、住友不動産さんです

ちなみに、初回は一条工務店、第2回は三井ホームと住友林業をご紹介しています。まだ読んでいない方は、ぜひ第1回からどうぞ。

この記事を読むと、こんなことがわかります
  • 狭小3階建てと、各ハウスメーカーとの相性
  • 3階建てという基準で見たときのハウスメーカーの特徴
目次

住友不動産との出会い

住友不動産との出会い、それは住宅展示場です(毎回このパターン)。

子どもたちと私の3人で行っていたのですが、そのとき息子が「見たい」と言ったのが、住友不動産のおうちでした。私はゴージャスな外観があまり好みではなかったのですが、あとで写真を夫に見せると、好感触。

豪華でいいね!

また、そのときに案内してくれた営業さんは、ぐいぐい来る感じではないのですが、ときおり系列の土地の情報を入れてくれました。適度な営業スタイルで、好感が持てました。

住友不動産の特徴

住友不動産は価格が安い!

住友不動産さんは、高級マンションで有名ですよね。だからと~ってもお高いのかと思いきや、そんなことはありません。

住友林業の営業さんも言っていました。

営業さん

住友不動産さんはうちよりも500万~600万ほど安いことが多いですよ

たしかに、そのとおりのようです。

住友不動産さんは、マンションで有名で、戸建てはむしろ後発組なんだとか。そのため、「木質感!」とか「性能!」「地震に強い!」などの自社の強みのようなものがあまりないんだそうです。

ホテルライクなインテリア

そのため、彼らの売りは「マンションみたいな戸建て」。高級マンション仕様のキッチンや洗面が標準で入っています。ラグジュアリーな雰囲気で、ホテルライクなインテリアが好きな人におすすめです。

一方で、ホテルライクが好みではない人は要注意。住友不動産のラインナップは、どちらかというと、鏡面や大理石など、キラキラ光っているものが多いです。住友不動産で「和風」を目指すと、少しちぐはぐだったり、オプション代が多めにかかってしまったりしてしまうかもしれません。(できないわけではありません)

インスタグラムを見ると、住友不動産でナチュラル系のインテリアをかなえている人もいます

安定感とネームバリュー

「これが強み!」がない分、大きな欠点もなく、性能面・コスト面で、とてもバランスがいいハウスメーカーです。

しかもネームバリューがすごい!

都内ではマンションを探している人も多いですから、「住友不動産の戸建て」というと、どんな豪邸だろうかとびっくりされることもありそうですね。

都内でマイホームを作ろうと思うと、土地だけで大きな出費になります。そんななか、品質もよく、大手の安心感とネームバリューが低価格で手に入るのは魅力的ですね。

売るときに有利

また、将来的に中古戸建てで売りに出す可能性があるならば、「大手ハウスメーカー」のネームバリューが役に立ちますよ。SUUMOで中古戸建てを探すと、大手ハウスメーカーの家の場合には、「住友不動産の注文住宅!」「ダイワハウス!」などかならず名前が書いてあります。(地元工務店で建てた家は、名前が出てきません)

中古戸建てを買うときには、性能や建てつけが気になるものです。

私たちは中古戸建ても視野に入れて探していましたが、やっぱり大手ハウスメーカーは安心感が違います

まとめ

3回にわたって、都内3階建てのハウスメーカーをご紹介しました。お気に入りのハウスメーカーさんは見つかりそうでしょうか?

都内3階建てでは、土地が高額で規制が多いため、建てられるものに大きな制限がかかります。そのため、ハウスメーカーさんよりも、工務店さんを選ぶ方が多いようです。ハウスメーカーさんで建てる方は2割以内くらいだと聞いたこともあります。

我が家は右往左往した結果、建築士さんにお願いすることになりました。その経緯も、後日ご紹介できればと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次